「麺類」カテゴリーアーカイブ

遂に浜松に上陸 名古屋で人気の台湾まぜそば発祥の店麺屋はなび

店名:元祖・台湾まぜそば はなび浜松店
住所:〒435-0047 静岡県浜松市東区原島町75-1
電話:053-581-7500
営業:(平日)11:30~14:30、17:00~21:00(土日祝)11:00~14:30、17:00~21:00
休日:月曜、第3火曜日

元祖・台湾まぜそば はなび浜松店おすすめメニュー

元祖台湾まぜそば、キミスタ、濃厚担々まぜそば
メニュー
元祖台湾まぜそば 810円
塩台湾まぜそば
カレー台湾まぜそば 840円
キミスタ 900円
キミスタDX 1220円
台湾担々まぜそば 900円
台湾担々まぜそはDX 1250円
カレー台湾担々まぜそば 980円
塩台湾担々まぜそば 950円
肉そば 900円

元祖・台湾まぜそば はなび浜松店レビュー

名古屋で人気店の麺屋はなびが、姉妹店 元祖・台湾まぜそば はなびとして昨年浜松市にオープンしました。
台湾まぜそばは、台湾ミンチを極太麺に乗せた、汁無し麺の一種です。

代表的な具は台湾ミンチ、生の刻んだニラ・ネギ、魚粉、卵黄。
好みでおろしニンニクを入れ、よくかき混ぜて食べるのが特徴です。

店舗内は14席と少なく小規模店舗ですが、はなびは基本的にどの店舗も同じようにカウンター席のみで、テーブル席はありませんが、一度でもここの味を知ってしまうと何度も味わいたくなり、リピーターが多くなりどの店舗でも行列ができる美味しさです。

純也 塩釜口本店、名古屋市天白区にある〆まで美味しいつけ麺屋

店名:純也 塩釜口本店
住所:愛知県名古屋市天白区塩釜口2-703 美山ビル 1F
電話:052-833-5550

純也は、混ぜソバ系のラーメン屋さんで、カウンターのみのちょっと狭めな感じの店舗です。

いただいたのはもちろんまぜそば。
麺の上にのりや生卵、小さく角切りにされた豚肉、ねぎなどの具材がしっかりとのっており、きれいな盛り付けで出されてきました。
これに、ツルツルでもちっとした太麺と、醤油ベースの濃厚なタレをうまく混ぜ合わせて食べたものです。

純也は、味に関してはかなりおいしく、バランスの良さを感じさせる程よいおいしさを感じさせます。
ちょっと辛みを感じる味も、まぜそばの旨味を引き立てるのにちょうどいい感じで、箸がどんどん進んでいきました。

ラーメンを食べ終わった後も、まだまだ食べることができるのも、純也の良いところです。
ご飯を残った汁に入れることによって、ちょっとした〆の飯ができるというわけです。

これがまたごはんとの相性が良く、雑炊感覚でサクッと食べられるのがいいところです。
純也は学生街のお店ですので、さすがのサービスだと思います。

駐車場は店舗の前に2台分ありますが、ちょっと狭いのがネックかなと思うくらいです。
ですが、味は確かですので、まぜそばが好きな方は、純也に一度行ってみるといいでしょう。

博多ラーメン清水屋 姫宮店、埼玉県宮代町にある本格的な豚骨ラーメン店

店名:博多ラーメン清水屋 姫宮店
住所:埼玉県南埼玉郡宮代町川端3丁目7-20
電話:0480-33-4320

博多らーめん清水屋は、埼玉県宮代町にあるラーメン屋さんです。
職場が近所ということもあり、二週間に一回ほどの頻度でお邪魔させてもらっています。

こちらの清水屋の最大の特徴は、やはり本格的な博多らーめんを食べられるということに尽きると思います。
埼玉県東部地区近辺でこのようなスタイルのお店は希少なのではないか、と個人的には思います。

清水屋のしっかりとした豚骨のスープと細麺が絶妙に絡み、濃厚な味わいを醸し出します。
はっきり言って非常に美味です。

清水屋は、麺の硬さもバリカタなどにも対応してくれます。
卓上にはニンニクや高菜が備え付けられているのも嬉しいですよね。

その他にも、餃子や鶏皮ポン酢、しめ鯖など酒飲みが喜びそうなサイドメニューが充実しています。
実際、アルコール類も充実しており、中には焼酎ボトルをキープしているお客さんも居るようです。

メニュー全体の値段も総じてリーズナブル、営業時間も長く、特に夜は軽く一杯引っ掛けるのに適したお店と言えます。

清水屋の店員さんも元気で気持ちの良い接客をしてくれます。
生活圏内にあると何かと重宝できそうなお店です。

神奈川県海老名市の博多どんたくで絶品ちゃんぽんを食す!

神奈川県で本格的ちゃんぽんを食べれるお店をご紹介します。
相鉄線さがみ野駅から徒歩5分程度の所にある「博多どんたく」は、本場九州の味をそのまま再現した美味しいちゃんぽんが食べられるお店として、地元の人からも愛される名店です。

店名:博多どんたく
住所:神奈川県海老名市東柏ケ谷2丁目25-20 マルキビル 1F
電話:046-234-7730

このお店は名前のとおり、博多や九州の美味しいものが食べられる中華料理屋さん。
博多どんたくは、とんこつラーメン、皿うどんなどがメニューに並びます。

中でもおすすめなのはちゃんぽんです。
博多どんたくの麺は、本場の長崎でも使われるような中太麺です。
一口食べると小麦の香りが口の中に広がります。

スープは見た目、こってりしているように見えますが、実は割とあっさりとしていて、若い人だけでなく、お年を召された方にもファンが多いのが特徴。
そんな麺とスープはとても良く絡みあって美味しいちゃんぽんに仕上がっています。

博多どんたくのちゃんぽん、その特徴は味だけでなく、ボリュームにもあります。
ちゃんぽんのメニューはAちゃんぽん(900円)とBちゃんぽん(1,500円)があります。

AとBの違いはそのボリュームだけ。
もちろんBちゃんぽんの方がボリュームがあるのですが、ここで一つ注意が必要です。

実はAちゃんぽんですら、ものすごいボリュームなのです。
どんぶりにはたっぷりの麺とスープが投入され、その上にまるでかき氷のように盛られた、炒めたもやし、キャベツ、それにお肉や魚介類が乗ります。

そのボリュームたるや、初めて博多どんたくでAちゃんぽんを頼んだ時は圧倒されてしまう事間違いなし。
けれど、割とあっさりとしたスープとツルツルとして麺の食感も相まってどんどんお腹の中に入ってしまうから不思議です。

中にはAちゃんぽんを頼んで、家族でシェアしているお客さんもいたりします。
お店の雰囲気はとても入りやすく、博多どんたく店内ではスタッフの優しいお母さんが出迎えてくれます。
小さなお子さんを連れた家族でも入りやすいので安心です。

こちらのお店、地元の人には本当に人気があって、小さい頃から通っているという人もいるくらい。
何でも地元出身の有名芸能人の人も今もお忍びでやって来るんだとか。

とても入りやすくて九州の美味しいちゃんぽんが食べられる博多どんたく。
是非、お試し下さい!

長久手市のあぐりん村近く手打蕎麦切 玄寿は子供入店不可のお店!

愛知県長久手市、産直市場のあぐりん村、温泉施設のござらっせ近くに手打蕎麦切 玄寿があります。
玄寿は蕎麦屋さんで、ずっと気になっていました。
でも、ランチは10歳未満の子供不可。

子供がいない時期もあったんですが、1人で蕎麦屋に大人が入る機会があまりなく、実家の母を誘って子供がいない時に訪れました。

玄寿は子供不可なので、赤ちゃんも子供もいません。
行った時には、1組の高齢者グループがいましたが、静かで会話もひそひそとしたもの。
落ちつきたい大人に、玄寿は良いお店かもしれません。

席は切株を使ったカウンター席と座敷席がありました。
席自体は少なめです。
玄寿は、夫婦と思われる2人がきりもりしています。

そばメニューのみで、黒そばを注文。
白そばもありました。
価格は900円弱で、1000円の予算で食べることができます。

ただ、物足りなかったのは天ぷらメニューが全くないこと。
玄寿は10割そばがメインになっていて、そばメニューのみ。
天ぷら定食などないので、男性客は足りるのだろうかと思ったほどです。

織部の緑色が特徴的なお皿に盛られていて、SNS映えはしっかりできそうなものの、盛りも少なめでした。

店名:手打蕎麦切 玄寿
住所:愛知県長久手市中井2176-4
電話:0561-63-8860

石走ラーメン、鹿児島県薩摩川内で長年愛されている店

店名:石走ラーメン
住所:鹿児島県薩摩川内市鳥追町7-8
電話:0996-22-3487

川内駅から徒歩で数分のところにある石走ラーメンは、地元で長年愛されている店で、熱々のあっさり豚骨スープの旨味が舌の記憶に残り、数年経ってもまた食べたくなる味です。
川内駅は新幹線が停車するので、出張で来られるお客さんも立ち寄って行きます。
石走ラーメンの店の前には数台分の駐車場しかありませんが、裏にも少し狭いですが、駐車場が用意されています。

石走ラーメンといえば、数年前までは大盛りネギラーメンを求めて来られるお客さんも多かったのですが、残念ながら最近はネギラーメンは終了し、ラーメンやチャーシュー麺がメインとなっています。

カウンター、テーブル席、座敷があり、テレビもついています。
石走ラーメンは、店構えも内装も昔ながらの雰囲気で、肩の力を抜いて落ち着いて過ごせます。
子供用に、パイプ椅子もあり、家族連れもよく見かけます。

昔は、ふきんで拭いてあっても、テーブルカバーが長年の油の飛び散りでベタベタしていて、それも昭和の雰囲気の愛嬌くらいに納得して食べていましたが、数年前にさすがにテーブルカバーが代えられて、ベタベタ感はなくなって、衛生的にも良いと思います。

たかはし、新宿駅周辺で食べられる絶品の焼きあご塩ラーメン

新宿駅周辺ともなると、ラーメン屋をはじめおいしい料理屋がたくさんあります。
その中で、ラーメン屋としてはあまり多くない「あご出汁」を使用したラーメンを出すお店があります。
それが「たかはし」です。

西武新宿駅から徒歩3分ほどのところにあり、アクセスがいいです。
たかはしは、こじんまりとした店内ですが、落ち着いていておしゃれな雰囲気があります。

お店はあご出汁の優しい香りが漂っていて、食欲をそそります。
たかはしの看板メニューである「焼きあご塩ラーメン」は800円と、ラーメンとしては普通くらいのお値段です。

スープを一口含むと、あご出汁の香りが広がりなんとも幸せな気分になります。
チャーシューはとろとろでこちらも至高の味。

たかはしでは、麺はもちろんごはんにもこだわっていて、新潟産のこしひかりを店内で精米しているそうです。
麺を食べ終わったら、残ったスープにこのごはんを入れて食べるのが通の食べ方で、そのための薬味なども用意されています。
あご出汁ラーメンを出す店はあまり多くないですが、それが新宿で食べられるとなると、ついつい、たかはしに立ち寄りたくなってしまいます。

店名:焼きあご塩ラーメン たかはし
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-27-3
電話:03-6457-3328